借入限度額を理解する

 

借入限度額を理解する

借入限度額を理解する

借入限度額を理解する

銀行やクレジットカード会社、そして消費者金融でキャッシングやカードローンを利用した時に借入限度額というものが設定されることになります。契約書面などでも確認することができる借入限度額ですが、金融機関で設定されている枠の中で借入をすることができるので、無理のない借入が必要となってきます。金融機関によって借入限度額が決まるのですが、どのようにして限度額は決まっていくのでしょうか。そこには様々な観点で審査を行っていることが分かります。

 

まず申し込んだ人で借入限度額が変わってくることがあります。最大の限度額となってくるのですが、基準を決めていく時には各個人の状況を把握していくことになります。そのためには申込みで必要となる書類がポイントとなってきます。借入限度額で基準となってくるのが年収です。総量規制の中で借入限度額を決定していくことになりますが、無職者でも設定することが可能となっています。審査内容がよければ主婦でもキャッシングやカードローンを利用していくことができますが、アルバイトの人で毎月の収入が10万円という学生が申込みをしたとします。この時100万円の融資を希望したいといっても審査を通ることができません。現実的には年収の3割から4割近くと考えられますので年収で120万円、その中で総量規制も考慮した時には借入限度額が30万円程度となっています。ただアルバイトや主婦の場合は収入が継続してもらえていることが基準となっていますので、融資を受けている間は収入を継続させなければなりません。

 

これからカードローンやキャッシングを利用しようと考えている時には、借入限度額はひとつの基準となってきます。銀行やクレジットカード会社そして消費者金融といった金融機関では、利用している最中に再度審査を通ることで借入限度額を増やしていくことも可能となっています。普段から返済プランを計画的に練っていくことで、遅延することなく返済をすることができるでしょう。カードローンやキャッシングを今後円滑に利用していくために、自分自分の生活に合わせて借入限度額を設定していかなければなりません。そこで、総量規制についてみていきましょう。この総量規制の対象となってくるのが、消費者金融またはクレジットカード会社といった貸金業者が提供する借入だけとなっています。実は銀行のカードローンなどの融資は対象外となっています。借入限度額を設定する時には想像以上の金額を提示されることもあるので注意しましょう。

 

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

 

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分